1. ホーム
  2. 研究者ブログ
  3. 抗体

研究者ブログ

APUに行ってきた

初めて降り立った大分空港、初めて訪れる別府、そして初めて立命館アジア太平洋大学(APU)を訪問しました。 事前に『混ぜる教育』(崎谷 実穂 (著), 柳瀬 博一 (著), 糸井 重里 (その他)、日経BP)で予習してありましたが、留学生比率50%の大学は種々の観点で興味深いものがありました。 例えば、ヘッドクォーターの建物の学長執務室等があるフロアのエレベーターホールには、こんなインスタ映えしそうなスポットが……。 実際、母校を訪れた卒業生たちも、ここで記念写真を撮るそうです。 出口治明学長にご挨拶後、まずご著書『座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」 (角川新書)』にサインを頂きました。ちなみに、生協には学長の書籍コーナーがありました♬ 広いお部屋に多数の書籍の山が林立する学長執務室は圧巻です。 キャンパスツアーをガイドしてくれたのは二十歳の学生さん2名。必ず日本人学生と留学生をペア(人数によって+α)にするそうです。 東北大学附属図書館長として、APUの図書館のサービス部門の充実は興味深いものがありました。例えば「Writing Center」では、学生さんがレポートを書くときに、文法のチェックなどをしてもらえます。奥の方の「FIX講座」というのは有料サービスで、学習支援系の企業とのコラボで、基礎的な学力の支援を行うようです。種々の案内が日英併記ではなく英語のみ、というのも、印象的でした。 図書館が各地にあるAPUの同窓会を「見える化」する機能を持っているという点も興味深いと思いました。下記のコーナーには、タッチパネルのモニタで各同窓会(チャプター)の活動を紹介していたり、同窓生から寄付された書籍が並べられていました。 また、就職支援という点では、図書館に多数の就職先候補となる会社の社史や関連書籍がまとめられたコーナーもありました。同様のサービスは種々の大学でもあるのでしょうが、それが「ライブラリー」の中にあるというのが、動線等の観点から面白いと思いました。 また、色々な国の新聞が置かれたコーナーも、一面にどんな記事がどんな風に掲載されるのかという意味でグローバルな環境となっていますね。 3000名の学生さんが1つのキャンパスにいるので、学習コーナーも色々な種類があって充実していました。グループ学習ができるエリアもあれば、個室となっているところ、ビデオ視聴コーナーなども。街から隔離されたキャンパスなので、その中で学生さんたちがリラックスできることも大切ですね。 もちろん、各種のクラブ活動、サークル活動も盛んとのこと。さらに「マルチカルチュラルウィーク」として各国の本格的なイベントも開催されているようです。 続いてご案内頂いたのは学生寮。こちらでは「APハウス」と呼ばれており、新入の留学生は全員、日本人学生は希望者から空き状況に応じて抽選で入寮できるとのこと。キャンパス内に2つの大きな建物があり、約1000名が収容されており、寮のエリアから講義棟まで、朝の時間帯などは大量の移動となるそう。 この日はAP IIの建物を見せて頂きました。ホールには卓球台やビリヤードプールも。この画像には見えませんが、畳のエリアもありました。 部屋の作りは一人部屋か二人部屋の個室が廊下を挟んで並んでおり、フロアごとにキッチン・ダイニングスペースがあるようです。こちらは二人部屋の画像。隣の部屋とは引き戸で区切ることもできます。ドアも2つあります。一人部屋にはトイレがあるので、その分居住空間は狭くなります。シャワールームはフロアごとだったかと(うろ覚え)。お風呂は建物全体で1つ。女性用と男性用は別の建物に。 建物には自動販売機(簡単なスナック用のものもあり)の他、小さなコンビニ的売店などもありました。また、学生の多いシーズンにはフードトラックも来るとのこと。週1回は八百屋さんのトラックも。 見学を終えて、お昼は出口先生、副学長の先生他とご一緒にカフェテリアで頂きました。学長がカフェテリアでお客さんとご飯を食べている姿を学生さんが見られる、というフラットさがAPUですね。 ちょうど広報チームが入試パンフレット用だかの取材を行っていました。広報としては、学長室という学長直下の部署に4名(うち英語ネイティブ1名)と、Admissions Office(国際)の外国人4名が協力して臨んでいるとのお話でした。そういう体制が取りやすい環境は素晴らしいですね。 種々のお話を事務局部長・学長室長、事務局次長の方から伺い、大分空港へ。お土産コーナーにはAPU20周年を記念したグッズのコーナーがありました。 「世界の出口カレー」も売っていました!(右側に積み上げられている箱) ちなみに、APUは気仙沼市と連携しています。気仙沼から宮城県内にいくつかカフェを展開されている小野寺靖忠氏(オノデラコーポレーション専務取締役)や千葉貴弘氏(KRA Kesennuma Reconstruction Association代表)との対談企画があったことを、ごく最近に知りました。さらにご縁を感じた次第です。 APUサイト:対談企画 「熊本・気仙沼・APU」~東日本大震災と熊本地震、私たちのこれから~(2016.5.16) また次の機会があることを楽しみにしています♬ この日ご一緒だった日経BPの松平さん他とともに出口学長と記念撮影。

続きはこちら

ブログ一覧

ブログ毎に記事を表示できます

ミームの死骸を待ちながら

We are built as gene machines and cultured as m...

スイスで神経科学

スイス・バーゼルで神経科学を研究しているポスドク研究者が、研究生活や留学生活について記します。

Science Crisp Bio

創薬等・構造生命科学ニュースウオッチ(PDISニュース)アーカイブから展開

バイオ系研究情報室

バイオサイエンス情報の備忘録。

博士のシェアハウス、学びの記録

大学の若手研究者を中心に、研究者を取り巻く大学職員・産学連携人材・研究支援企業が集まって学びと...

Information is not knowledge

食品科学やってます。

hungarolink days

大学院博士課程中退の ハンガロリンク と申します。

某研究者の思考と嗜好

気になったことのあれこれメモ

生物史から、自然の摂理を読み解く

自然の摂理に立脚した社会原理を確立するためには、生物進化史の解明が必要になる。

とある昆虫研究者のメモ

とある昆虫研究者のメモと日記。主に面白いと思った論文の紹介をしています。リンクフリー。コメント...

Science and Chocolates with a Cup of Coffee

東京大学医学部医学科4年生.ヒトfMRI勉強中.

生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

生きるすべ Everything about life

ある大学研究者の悩み

流れに身を任しながら、進むべき道を探す日常。

「研究室日記 Tomorrow is another day. 明日は明日の風が吹く」

エリートでも天才でも無いけれど、雑草だって綺麗な花を咲かせることもある…と信じて頑張る、研究者...

「ハエが星見た」

ハエと研究と映画と日常。

「大隅典子の仙台通信」

「大隅典子の仙台通信」

5号館のつぶやき

「5号館のつぶやき」

Science and Communication

サイエンスカフェ・ポータルの管理人がつくる個人ブログです.サイエンスカフェに参加するのも運営す...

バイオ研究者見習い生活 with IT

ディレッタントを自称する興味拡散系頭でっかち大学生。研究室生活・面白いバイオ研究の紹介・活字狂...

理系兼業主婦日記

企業研究所を経て特許事務所で働く一児の母。理学博士。ご連絡くださる方は、f_yukikoあっと...

大学教員のトホホな日常?

アカデミズムに生きるはずだったのに、研究よりも教育、教育よりも雑務に追われる、某大学教員のトホ...

研究留学ネット

研究留学ネットの更新情報と、管理人の雑文BLOGです。

やさしいバイオテクノロジー

授業のメモやトピックスです。

薬作り職人のブログ

製薬会社研究者の視点から見たいろんな話。

日々の逃避 - daily notebook

医学と工学と化学がごちゃまぜになった研究をしています。某大学で任期制の准教授をやっているみたいです。

空飛ぶ教授のエコロジー日記

花鳥虫獣を愛し保全に力を注ぐ教授の奮戦記 福岡・東京・屋久島をとびまわる多忙な毎日。不機嫌なジ...

アナログエンジニア

自称独立エンジニアが話せる本音を語る。すでに自分の意思以外の力も働いている。

哲学はなぜ間違うのか?

哲学する人間を科学すると・・・ この世はなぜあるのか?私はなぜあるのか?簡潔明瞭。

海洋学研究者の日常

海中の物質(塩分,熱,化学成分,生物)の分布とその変動のカラクリを解明することを目標とする海洋...

Domon blog

遺伝子組換え作物開発系研究者の雑記帳。

バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々の収集情報を公開しています。

がん新治療ニュース@欧米

がんの治療に関する情報を出来るだけ多く、迅速にご紹介すべく、欧米の学術雑誌、ニュース、総説、な...

バイオ やばいぉ・・・

いま流行の最先端技術バイオインフォマティクスについて解説します!

理系博士の奮戦記

理系博士の新しいキャリアを切り拓く挑戦。博士の就職・キャリア、農業と農学をつなぐ取り組み、科学...

a 女性科学者のスペース2

☆研究者が身近になれば、理系離れは変わると思う☆化学出身で物理系研究室もち、ベースはドジででき...

ブログ掲載について
運営されているブログを掲載ご希望の場合はこちら
掲載ブログ運営者様へ

RSS

お知らせ

広告

協賛企業