1. ホーム
  2. 研究者ブログ
  3. 抗体

研究者ブログ

『小説 ブラック・ジャック』から考える近未来の医療

7月に上梓された瀬名秀明さんの新刊『小説ブラック・ジャック』(APeS Novels)をご恵贈頂いていたのだが、種々、取り混んでいて夏休みまでお預け。昨日、読了してすぐに感想を書きたくなった。 本書は、週刊少年チャンピオンに連載されていた手塚治虫の『ブラック・ジャック(B・J)』をノベライズしたもの。ノベライズといっても、原作の漫画そのものを小説にしたのではなく、1970年代後半から30年後のB・Jなら、どんなスゴ技を見せてくれるか想像力・創造力を駆使し、新たに5つのストーリーとして書き下ろしている。とはいえ、B・Jやピノコの独特の台詞はそのまま、登場人物は過去のストーリーにヒントを得たもの。今こそ、すべての手塚治虫ファン、B・Jファンに告ぐ! 読むべし。 おそらく、手塚治虫ファンの視点からの書評はたくさん出てくると思うので、ここでは、拙ブログ主の専門を活かし、たぶんあまり出てこないと思われるポイントを残しておこう。 取り上げたいのは第2話「命の贈りもの」。『W3(ワンダースリー)』と『ガラスの城の記録』に出てくる登場人物を下敷きとしている。「進行性骨化性線維異形成症」という希少難病の少年が、その後の医療の進歩に賭けて、20年前に「人工冬眠状態」となっていたところ、iPS細胞の登場により、少年の兄が研究者としてその遺伝子治療法を見つけ、弟を冬眠から起こしてもらう手術をB・Jに依頼する、という内容だ。 本書での人工冬眠法では、血液を入れ替えるという方法を取っているが、この根拠となっているのは、米国ピッツバーグ大学の研究と思われる。20年ほどの研究を経てついに2004年、イヌの血液を低温の生理的食塩水に置き換え、一過性に心拍停止状態にし、外科手術を行うことに成功した。血液が無くなると種々の機能が損なわれるが、低温にしておくことにより、細胞のダメージを極力防ぐというのがポイントだ。これに対し、米国フレッド・ハッチンソン癌研究所のマーク・ロス博士は、線虫の仮死状態にヒントを得て、2005年に硫化水素を用いた方法で数時間程度の人工冬眠状態をマウスで成功させている。この方法であれば、血液を抜き取る必要はない。 だが、そもそも、人工冬眠の研究には日本人研究者が関わってきたことを伝えておきたい。元三菱化学生命科学研究所の近藤宣昭博士は、シマリスを用いて冬眠の基礎研究を行い、1992年に冬眠の鍵となる特別なタンパク質を見出した。詳しくは、近藤先生が書かれた『冬眠の謎を解く』(岩波新書)をご参照あれ。同研究所が2010年に閉鎖された後、近藤博士は神奈川科学技術アカデミー(KAIST)のプロジェクトとして冬眠研究を行っていたが、この組織も再編され、現在は近藤博士の弟子筋と思われる高松信彦教授(北里大学)が続けているようだ。 もし画期的な人工冬眠法ができたら、現在、交通事故等で負傷した方を離れた病院まで搬送するのに役立つ。さらに長期間可能となれば、本書のように治療法の無い難病の患者を将来、救うことができるかもしれない。あるいは、宇宙飛行士が遥かな惑星まで到達するのに人工冬眠状態となってロケットで運ばれていくということが、SFの世界ではなく、現実のものとなるのかもしれない。折しも、内閣府が中心となって進めようとしている「ムーンショット型研究」の例として挙がっている25のミッションのうちの一つが「人工冬眠」となっている。 本書にはこの他にも、AIを用いたロボット手術や、遠隔手術、臓器移植、安楽死等、未来の医療を考えるヒントがたくさん散りばめられている。なので、本書を来年度の医学部生への「お進め本24冊」の中に含めようと思ったところ。もちろん、ヒューマンドラマとして涙腺が緩むところもエンターテイメント。 【参考リンク】 『冬眠の謎を解く』(近藤宣昭著 岩波新書) 週刊ダイヤモンド「大人のための最先端理科」拙コラム:第65回不老不死も夢ではない!? 冬眠はコントロールできるか(2016.4.23) 内閣府:ムーンショット型研究開発制度(2019.7.31)(PDF)

続きはこちら

ブログ一覧

ブログ毎に記事を表示できます

ミームの死骸を待ちながら

We are built as gene machines and cultured as m...

スイスで神経科学

スイス・バーゼルで神経科学を研究しているポスドク研究者が、研究生活や留学生活について記します。

Science Crisp Bio

創薬等・構造生命科学ニュースウオッチ(PDISニュース)アーカイブから展開

バイオ系研究情報室

バイオサイエンス情報の備忘録。

博士のシェアハウス、学びの記録

大学の若手研究者を中心に、研究者を取り巻く大学職員・産学連携人材・研究支援企業が集まって学びと...

Information is not knowledge

食品科学やってます。

hungarolink days

大学院博士課程中退の ハンガロリンク と申します。

某研究者の思考と嗜好

気になったことのあれこれメモ

生物史から、自然の摂理を読み解く

自然の摂理に立脚した社会原理を確立するためには、生物進化史の解明が必要になる。

とある昆虫研究者のメモ

とある昆虫研究者のメモと日記。主に面白いと思った論文の紹介をしています。リンクフリー。コメント...

Science and Chocolates with a Cup of Coffee

東京大学医学部医学科4年生.ヒトfMRI勉強中.

生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

生きるすべ Everything about life

ある大学研究者の悩み

流れに身を任しながら、進むべき道を探す日常。

「研究室日記 Tomorrow is another day. 明日は明日の風が吹く」

エリートでも天才でも無いけれど、雑草だって綺麗な花を咲かせることもある…と信じて頑張る、研究者...

「ハエが星見た」

ハエと研究と映画と日常。

「大隅典子の仙台通信」

「大隅典子の仙台通信」

5号館のつぶやき

「5号館のつぶやき」

Science and Communication

サイエンスカフェ・ポータルの管理人がつくる個人ブログです.サイエンスカフェに参加するのも運営す...

バイオ研究者見習い生活 with IT

ディレッタントを自称する興味拡散系頭でっかち大学生。研究室生活・面白いバイオ研究の紹介・活字狂...

理系兼業主婦日記

企業研究所を経て特許事務所で働く一児の母。理学博士。ご連絡くださる方は、f_yukikoあっと...

大学教員のトホホな日常?

アカデミズムに生きるはずだったのに、研究よりも教育、教育よりも雑務に追われる、某大学教員のトホ...

研究留学ネット

研究留学ネットの更新情報と、管理人の雑文BLOGです。

やさしいバイオテクノロジー

授業のメモやトピックスです。

薬作り職人のブログ

製薬会社研究者の視点から見たいろんな話。

日々の逃避 - daily notebook

医学と工学と化学がごちゃまぜになった研究をしています。某大学で任期制の准教授をやっているみたいです。

空飛ぶ教授のエコロジー日記

花鳥虫獣を愛し保全に力を注ぐ教授の奮戦記 福岡・東京・屋久島をとびまわる多忙な毎日。不機嫌なジ...

アナログエンジニア

自称独立エンジニアが話せる本音を語る。すでに自分の意思以外の力も働いている。

哲学はなぜ間違うのか?

哲学する人間を科学すると・・・ この世はなぜあるのか?私はなぜあるのか?簡潔明瞭。

海洋学研究者の日常

海中の物質(塩分,熱,化学成分,生物)の分布とその変動のカラクリを解明することを目標とする海洋...

Domon blog

遺伝子組換え作物開発系研究者の雑記帳。

バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々の収集情報を公開しています。

がん新治療ニュース@欧米

がんの治療に関する情報を出来るだけ多く、迅速にご紹介すべく、欧米の学術雑誌、ニュース、総説、な...

バイオ やばいぉ・・・

いま流行の最先端技術バイオインフォマティクスについて解説します!

理系博士の奮戦記

理系博士の新しいキャリアを切り拓く挑戦。博士の就職・キャリア、農業と農学をつなぐ取り組み、科学...

a 女性科学者のスペース2

☆研究者が身近になれば、理系離れは変わると思う☆化学出身で物理系研究室もち、ベースはドジででき...

ブログ掲載について
運営されているブログを掲載ご希望の場合はこちら
掲載ブログ運営者様へ

RSS

お知らせ

広告

協賛企業