1. ホーム
  2. 研究者ブログ
  3. 抗体

研究者ブログ

ブラタモリに学ぶ「文理協働」

某公共放送の番組の中でもっとも好きなのが「ブラタモリ」。タモリが日本全国各地を訪れ、その土地の歴史、地勢、資源、産業、生態などが専門家から紹介される。「扇状地」、「末端崖」、「柱状節理」といった専門用語がたくさん出てくるが、繰り返し観ているうちに覚えてしまう。ふと気づいたのだが、「ブラタモリ」ではいわゆる「文系」の知識と「理系」の知識が、一緒くたに提供される。究極の「文理融合」、いや「文理協働」の構成となっている。(画像は2015年7月に放映された仙台編のザ・テレビジョン紹介記事より拝借。桑子アナが懐かしい…… https://thetv.jp/news/detail/60668/337752/) 隠岐さや香氏の『理系と文系はなぜわかれたのか』(星海社新書)に歴史的経緯が詳しく書かれているが、実感としても日本では文理の壁が高くて厚い。大学入試に合わせて、早ければ高校1年生くらいから理系か文系かの進路選択を意識させる。大学も専門教育の前倒しと行ったため、1年次にさえ専門科目が降りてくる。文系学部の学生が理系の科目を選択する自由度、あるいはその逆は極めて少ない。結果として、日本では理系のことを知らない文系人材と、文系の素養に欠ける理系人材が輩出される。 この影響は極めて大きい。 おそらく、第二次世界大戦後、その頃に必要な専門性を備えた人材を「促成」することは、急激な産業復興に大いに役立った可能性がある。とくに、理系人材に必要な知識を詰め込むには、大学3年、4年の2年間では足りない。だから、なるべく早めに専門教育を開始すべきという雰囲気となっていたのだろうと想像する。(工業専門学校も同じ背景と思われる) その延長上で、いわゆる大学1年2年の学生が学ぶ「教養部」の解体は1991年に決まった(大学設置基準の大綱化)。本来であれば目指す方向は逆だったのではないかと思うのは後付けではあるが、日本における種々の状況が世界の他の国々と大きく離れてきた今、分水嶺だったのは約30年前のこの時点だったのではと思う。 結果として、文系・理系の大学生が共通で学ぶ科目や時間は少なくなった。つまり、文系人材と理系人材が共通に理解できる「言葉」が、おそらく以前より格段に減ってしまったであろうことは想像に難くない。これは、両者が協働することを難しくしている。 また、「女性だから理系進学はちょっと……」という差別も強化された可能性もある。国家資格を得られる業界は別として(いや、医学の分野はまた状況が異なるが)、世界の状況を見れば、生命科学、環境科学等では女性比率は50%を越えているし、化学、物理学でも日本の倍くらいの比率の女性が参画している。もし大学入学試験のときに「理系・文系」の選択をしなくて済めば、受験先は「心理学にするか、生物学にするか、どちらかにする」という選択肢もありえるが、現状はそうではない。 さらに、日本における「文理の壁」は、国全体のIT化やディジタル化を大幅に遅らせることとなったと考える。良いシステムを構築するのにIT技術を導入することは必須であるのに、意思決定に関わる文系人材が、情報科学人材と協働するための糊代が無いために「専門家に任せる」という形になってしまうことにより、いかに組織のIT化が遅れ、役に立たない無駄なシステムが構築されてきたことか……。 例えば米国の大学では、ダブルメジャーの片方が化学、もう片方が歴史学、というような人材が輩出される。その後、進学する大学院も学部と異なり生物物理学だったりする。そういう人材の中には、これまでに無い新しい分野、融合的な分野を開拓していく逸材が生まれると信じられている。「人と同じこと」をただ早くできるという人材を入試で選抜していては、根本的な革新は望めない。 2021年から第6期科学技術基本計画が開始されるための議論が行われつつあるが、個人的には議論を「科学技術」の範囲に閉じていては、Society 5.0の推進もイノベーションの達成にも繋がらならないと思う。単に次の5年の計画を立てるだけでなく、人材が育つ時間を考慮した「今後30年」を見据えて考えるべきであろう。 拙ブログ:『文系と理系はなぜ分かれたのか』を知る(2019.6.5)

続きはこちら

ブログ一覧

ブログ毎に記事を表示できます

ミームの死骸を待ちながら

We are built as gene machines and cultured as m...

スイスで神経科学

スイス・バーゼルで神経科学を研究しているポスドク研究者が、研究生活や留学生活について記します。

Science Crisp Bio

創薬等・構造生命科学ニュースウオッチ(PDISニュース)アーカイブから展開

バイオ系研究情報室

バイオサイエンス情報の備忘録。

博士のシェアハウス、学びの記録

大学の若手研究者を中心に、研究者を取り巻く大学職員・産学連携人材・研究支援企業が集まって学びと...

Information is not knowledge

食品科学やってます。

hungarolink days

大学院博士課程中退の ハンガロリンク と申します。

某研究者の思考と嗜好

気になったことのあれこれメモ

生物史から、自然の摂理を読み解く

自然の摂理に立脚した社会原理を確立するためには、生物進化史の解明が必要になる。

とある昆虫研究者のメモ

とある昆虫研究者のメモと日記。主に面白いと思った論文の紹介をしています。リンクフリー。コメント...

Science and Chocolates with a Cup of Coffee

東京大学医学部医学科4年生.ヒトfMRI勉強中.

生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

生きるすべ Everything about life

ある大学研究者の悩み

流れに身を任しながら、進むべき道を探す日常。

「研究室日記 Tomorrow is another day. 明日は明日の風が吹く」

エリートでも天才でも無いけれど、雑草だって綺麗な花を咲かせることもある…と信じて頑張る、研究者...

「ハエが星見た」

ハエと研究と映画と日常。

「大隅典子の仙台通信」

「大隅典子の仙台通信」

5号館のつぶやき

「5号館のつぶやき」

Science and Communication

サイエンスカフェ・ポータルの管理人がつくる個人ブログです.サイエンスカフェに参加するのも運営す...

バイオ研究者見習い生活 with IT

ディレッタントを自称する興味拡散系頭でっかち大学生。研究室生活・面白いバイオ研究の紹介・活字狂...

理系兼業主婦日記

企業研究所を経て特許事務所で働く一児の母。理学博士。ご連絡くださる方は、f_yukikoあっと...

大学教員のトホホな日常?

アカデミズムに生きるはずだったのに、研究よりも教育、教育よりも雑務に追われる、某大学教員のトホ...

研究留学ネット

研究留学ネットの更新情報と、管理人の雑文BLOGです。

やさしいバイオテクノロジー

授業のメモやトピックスです。

薬作り職人のブログ

製薬会社研究者の視点から見たいろんな話。

日々の逃避 - daily notebook

医学と工学と化学がごちゃまぜになった研究をしています。某大学で任期制の准教授をやっているみたいです。

空飛ぶ教授のエコロジー日記

花鳥虫獣を愛し保全に力を注ぐ教授の奮戦記 福岡・東京・屋久島をとびまわる多忙な毎日。不機嫌なジ...

アナログエンジニア

自称独立エンジニアが話せる本音を語る。すでに自分の意思以外の力も働いている。

哲学はなぜ間違うのか?

哲学する人間を科学すると・・・ この世はなぜあるのか?私はなぜあるのか?簡潔明瞭。

海洋学研究者の日常

海中の物質(塩分,熱,化学成分,生物)の分布とその変動のカラクリを解明することを目標とする海洋...

Domon blog

遺伝子組換え作物開発系研究者の雑記帳。

バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々の収集情報を公開しています。

がん新治療ニュース@欧米

がんの治療に関する情報を出来るだけ多く、迅速にご紹介すべく、欧米の学術雑誌、ニュース、総説、な...

バイオ やばいぉ・・・

いま流行の最先端技術バイオインフォマティクスについて解説します!

理系博士の奮戦記

理系博士の新しいキャリアを切り拓く挑戦。博士の就職・キャリア、農業と農学をつなぐ取り組み、科学...

a 女性科学者のスペース2

☆研究者が身近になれば、理系離れは変わると思う☆化学出身で物理系研究室もち、ベースはドジででき...

ブログ掲載について
運営されているブログを掲載ご希望の場合はこちら
掲載ブログ運営者様へ

RSS

お知らせ

広告

協賛企業